読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリートReトリート

世界全体と私が同時に幸福であるための、ひきこもり修養所。

Kindle Unlimitedで読みたいマインドフルネス&仏教関連本12冊

 月額980円で読み放題のAmazonのサービス「Kindle Unlimited」。そのなかでもマインドフルネスと仏教関係本をまとめておきます。検索したら結構あったよ!

まずはタイで出家した日本人僧プラユキ・ナラテボーさん関連、初期の本から最新の本までほとんど揃っている!(ないのは自伝くらい)

苦しまなくて、いいんだよ。

苦しまなくて、いいんだよ。

 

 心病む現代人に8万4千もあるブッダの教えのなかで著者が一番伝えたいという「四聖諦」の教えが書かれています。

 

脳と瞑想: 最先端脳外科医とタイの瞑想指導者が解き明かす苦しみをなくす脳と心の科学

脳と瞑想: 最先端脳外科医とタイの瞑想指導者が解き明かす苦しみをなくす脳と心の科学

 

 脳神経外科医との異色の対談。科学的に瞑想について知りたいときに。

 

自由に生きる: よき縁となし、よき縁となる。抜苦与楽の実践哲学

自由に生きる: よき縁となし、よき縁となる。抜苦与楽の実践哲学

 

 マインドフルネスのもとになったブッダの呼吸法「アーナパーナサティ」のやり方とプロセスが書かれていて参考になる。

プラユキさんの本だと他にも「仕事に効く!仏教マネジメント」「自由になるトレーニング」などが読めるようです。

 

続いてフランスで活躍するベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンさんの本二冊。「禅への鍵」が読みたかったけど、そもそもKindle化もされてないのであった。

怖れ: 心の嵐を乗り越える深い智慧

怖れ: 心の嵐を乗り越える深い智慧

 

 自分が老いて病んで死んでいくことの怖れを、逃げずに逆に深くみつめることで超えていく方法。

 

怒り: 心の炎の静め方

怒り: 心の炎の静め方

 

自分の怒りをどうすればコントロールできるのか。

 

続いて日本にテーラワーダ仏教を精力的に伝えているスリランカの僧侶アルボムッレ・スマナサーラ長老の本。

仕事でいちばん大切なこと

仕事でいちばん大切なこと

 

 赤ちゃんから寝たきりの人まで、仕事はある。

 

養老先生と長老の対談本。「自分」の解剖。 

 

 仏教瞑想から宗教性をのぞいたマインドフルネス関連本。とスティーブ・ジョブズも愛読していたという本も読み放題で読めます。

 哲学者の永井均さんのインタビューなどが読める。

 

 マインドフルネスがビジネスでも使われるその理由。

 

禅マインド ビギナーズ・マインド

禅マインド ビギナーズ・マインド

 

いつでも初心わすれるべからずの本。

 

最後に「仏教思想のゼロポイント」で一躍有名になったニー仏(ニート仏教)こと魚川裕司さんの本も二冊読めます。

だから仏教は面白い!前編

だから仏教は面白い!前編

 

 仏教は「ヤバい」。異性とは目も合わせないニートになれ!

 

だから仏教は面白い!後編

だから仏教は面白い!後編

 

「悟り」はあるかないか問題。「世界」を終わらせるということ。

 

私的に読みたいと思ったのはこんなところ。Kindle Unlimitedは数日使ってみて感じたのは、専門書を集中的に読むのに良さ気なところ。学ぶ気がある人にはすごく良いサービスなんじゃないだろうか。