トリートReトリート

世界全体と私が同時に幸福であるための、ひきこもり修養所。

Newひきこもり村。を作るということは何を作ることなのか

Newひきこもり村。を作るということは何を作ることなのか?

Newひきこもり村。は果たしてゲームなのか。それともコミュニティなのか。

キャッチコピーに「千年つづくゲーム的コミュニティ」と表現したけれど、よくよく考えてみれば僕はゲームを作りたいのであって、ひきこもる人のコミュニティを作りたいわけではないのかもしれない。

 

僕は今のひきこもり生活に満足している。働けてないとはいえ、リアルで自助会にも参加しているし、たまにあって深い話ができる友達もいる。ネットにもスカイプで楽しく話せる友達がいる。なので言ってしまえば、僕個人はひきこもる人の新しいコミュニティをたいして必要としていない。

 

そもそもNewひきこもり村。という名称からしてコミュニティサイトとして矛盾に満ちている。ひきこもる人の定義が、家族以外の人と半年以上まったく接していない人というものならば、ひきこもり村でちょっとでも交流したとたん、厳密にいえばひきこもる人ではなくなってしまう。ひきこもり村。に参加すればするほど、ひきこもり像とはかけ離れていってしまうのである。

 

以前の僕はそのことを少し気に病んだりもした。僕はひきこもる人たちが主役の場を作りたくてサイトを作ったのに、気づけばそういう風にみえない人たちが大分多くなってしまったと。でも、これは当たり前なのだ。交流サイトなんだから、より多く発言する人が目立つに決まっている。

 

問題は声なき声を拾うシステムがなかったことだ。だから、今度はそれを拾うシステムを作ろうと思う。

 

なんて書くとやはりゲーム要素は二次的なもので、新しいコミュニティを僕は作りたいのだろうか?自分でもよくわからなくなってくるが、しかしすでに書いたように僕自身はコミュニティをたいして必要としていないのだ。だからやはり僕自身はゲームを作りたいのだと思う。もしくは、ゲーム的コミュニティを作るというゲームをしたいのかもしれない。