読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリートReトリート

世界全体と私が同時に幸福であるための、ひきこもり修養所。

黒猫ノワと僕の去勢宣言

 今日は愛猫ノワの去勢手術の日でした。しかしノワくんにだけ去勢させるのは忍びない。そこで僕は考えた。僕も去勢をしようと!

 

 もちろん比喩である。本当に取ってしまったら突き抜けた、ただの変人である。

 

 僕も気づけばもう30代に突入した。が、いまだにふわふわしていて、職業は警備員をしている。主に自宅の警備をほとんど毎日休まずにやっているのだ。

 

 こんな僕でも20代のうちには自分の進むべき道をみつけ、ちゃんとした生き方をしようと模索してきた。しかし、それはことごとく失敗に終わった。

 

 僕はもうちゃんと生きることに疲れた!ちゃんと生きたことないけど疲れた!でも今もまだちゃんと生きたいとは思ってるだよ・・・。かわいこちゃんと生きたいと思ってるんだよ・・・。

 

 僕は一体、何を書いているのだろうか。

 これは「僕の去勢宣言」というタイトルの記事なのに。異性ネタが出てしまった。なんという性(さが)。やはり物理的にとるしか道はないのか・・・。

 

 しかしそれではやはり突き抜けた、ただの変人である。それに痛いのはお断りだ!ただでさえ僕の人生は痛いんだから!

 けれどもノワくんだけに去勢させるのはやはり忍びない。

 

 だから僕もさらなる痛い道をすすもう。イタ気持ちいい道を探そう。就職を目指さない道を。毎日働かない道を。

 

 地に足をつけるために、さらに浮く。

 あがる道を進もう。

 

 体と心がなんとかまともに動くときには、少しは外に出ていって人に会って話して。痛みをちゃんと感じるために。

 

 その先に待っているのはただの貧困孤独死か、もしくは・・・、どちらにせよ僕はその道をいこうと思ってる。

 

 これが黒猫ノワと僕の去勢宣言。2012/12/03 19:19

 

P.S.

ノワくんの去勢手術は無事に終わりました。今日一日は水も飲んじゃいけないそうだけど、元気に帰ってきて良かったです。

広告を非表示にする