読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリートReトリート

世界全体と私が同時に幸福であるための、ひきこもり修養所。

詩集

「守護者」

あなたの大切にしていたものが壊れてしまったのはあなたのことが好きだったから あなたの大切にしていたものが壊れてしまったのはあなたのことを見守っていたから あなたの大切にしていたものが壊れてしまったのはあなたのことを愛していたから あなたの大切…

「悲しみに押しつぶされそうになってオレは」

悲しみに押しつぶされそうになってオレはおまえを無視した悲しみに押しつぶされそうになってオレはおまえを見捨てたおまえは必死に泣き叫びつづけたけれどオレは耳をふさぎ続けた 悲しみに押しつぶされそうになってオレは悲しみに押しつぶされちまいそうにな…

「Newひきこもり村。のうた」

ひきこもっている人もそとにはでれる人もはたらいてはいる人もだれもがはなせる居場所Newひきこもり村。 悲しんでいる人も落ちこんでいる人も追いつめられている人も今にやすらげる居場所Newひきこもり村。 今にやすらげる居場所Newひきこもり村。

「共鳴」

あなたがこの歌をきいて涙をながすのはあなたの中にもこの詩とメロディーがあるから あなたがこの歌をきいて癒やされるのはあなたの中にも癒やす詩とメロディーがあるから あなたの歌う声がききたいなあなたの歌う声が

「どくおや」

ねえ、おかあさまやさしいやさしいおかあさまぼくをまもってくれるたのもしいおかあさま ねえ、おとうさまやさしいやさしいおとうさまぼくをまもってくれるたのもしいおとうさま ふたりはぼくのことがすきですかぼくはあなたたちの飾りじゃないよぼくの人生…

「うらぎりとゆるし」

あなたにもっとも近いひとがあなたをもっともうらぎるあなたのもっとも信頼するひとがあなたをもっともうらぎるあなたのもっとも愛するひとがあなたをもっともうらぎる だからぼくらにはゆるしがひつようだわたしを憎む隣人にゆるしをわたしを恨む隣人にゆる…

「目にほほえみを唇にうたを」

目にほほえみを唇にはうたを このふたつだけこのふたつだけ忘れなければ このふたつだけこのふたつだけ忘れなければ

「孤独と悪魔合体」

孤独な人に孤独な悪魔は近づいてくる 孤独を癒やしに孤独な悪魔は孤独な人に近づいてくる わたしを嫌わないであなたなら解るでしょう わたしにはわかるわたしは答える そうして孤独な人と孤独な悪魔は寄り添い合体する

「ひきこもり修行」

誰とも目を合わせてはいけません誰とも話してはいけません働いてはいけません何か意味のあることをしてはいけません 一日じゅうですよきょうもあしたもあさっても今月も来月も再来月も今年も来年も再来年も 誰とも目を合わせてはいけません誰とも話してはい…

「苦行の終わり」

そろそろ苦行はやめましょう中道いっしょに参りましょう この世に意味がなくても抜苦与楽の道すがら 意味を作って参りましょう

「いまここから」

もう終わっているねってよく言われるけれどここから始まることもきっとある できないことはどんどん増えていくけれどいつもいまここに幸せはある いまここからいまここからいまここから

「沈黙が金なのは」

沈黙が金なのは静かに泣いてる子どもの声を聴く事ができるから 雄弁が銀なのは静かに泣いてる子どもの声に気づくことができないから 見捨てられた人々の目に滲む聖なる輝き よわくやさしくうつくしくよわくやさしくうつくしく